ぶらあめ

多発性嚢胞腎 定期健診 4回目

PKD定期健診4回目行ってきました
今回は猫ドッグだったので 検査項目が多めです

▼診察
体重 5.1kg(前回 5.1kg)
体重増加に歯止めをかけて なんとか体重キープ中

▼X線検査(胸部・腹部)
胆のうが少々形状がおかしいが 腎臓を含め他の臓器は問題ない
骨・関節も問題なし
影もみあたらない

▼心エコー検査
異常なし
心筋の厚み 4.7mm

▼腹部エコー検査
異常なし
多発性嚢胞腎の子は肝臓などにも嚢胞がみられることがあるが
腎臓以外に嚢胞は見当たらない

▼腎エコー検査
大きな変化なし
ただしエコーで分からない程度で ゆっくりと進行している可能性あり

左腎と右腎にそれぞれに10mm程度の大きい嚢胞が1つありました
10mmというとかなり大きい方だと思うので これ以上進行しないことを願うばかりです

▼尿検査
尿比重:1.04
Ph:6.5
尿蛋白:1+ →次回UPC検査
ストルバイト(-)
他の検査項目も問題なし

▼血液検査
BUN 30→28→25→28(基準値12~41)
Cre 1.6→1.8→1.9→2.0(基準値0.7~2.5)
P 6.7→4.7→4.8→3.3(基準値1.9~5.7)
前々回(1/16)は外注検査で基準値も異なるので省略

Creの上昇がとまらない(涙)
ただしPが低下していること、他の血液検査項目、尿検査結果をみても
腎臓は現段階では正常に働いていると考えていい 経過観察しましょうとのこと
確かに慢性腎臓病の判断は多方面の検査結果をもとに総合的に行われますが
Creはその中でも重要な指標ですからね
心配です.....

ALT 96(基準値6~83)
GGT 10以下(基準値~15)
ALTの値が基準値越え
ただ問題視するような数値ではなく、GGTも問題ないため経過観察

--------------------------
正常範囲内とはいえCreが上昇しているのが最大の懸念材料ですね
これ以上続くようなら 何かしら対策をしないといけないかもしれません
(今はまだ投薬も療法食も与えていません)
次回 or 次々回あたりにSDMAを再度やってみようかとも考えています

また 全く気にしていなかった肝臓・胆のうも少々問題があったので
肝胆道疾患も含めこちらも注意深く経過観察していきます

-------------------------
朝食抜きで、病院に置いてきぼりにされ、あれこれ検査され
お疲れ気味なので写真は遠慮しておきました

以前撮った写真ですが こんな感じでお疲れ感漂わせています
IMG_7953.jpg

クーちゃん よくがんばったね
えらいぞ!!

  1. 2017/07/11(火) 21:11|
  2. PKD(多発性嚢胞腎)
  3. | トラックバック:0

多発性嚢胞腎 定期健診 3回目

今日は午後から用事がありお休みをもらっていたのですが
ちょうどいいタイミングで採尿できたので 午前中に急遽 定期健診に行ってきました

▼診察
体重 5.1kg(前回 5.1kg)
歯肉炎は相変わらずですが...
先生からは綺麗なピンクの子の方が珍しいそうで
口内炎もないし これくらいなら気にしなくていいですよですって
先生によって診断が全然ちがうのね(ー_ー )
(別の病院では難治性口内炎で毎月通院が必要といわれていたので)

▼エコー検査
前回と比べて顕著な変化はなし

▼尿検査
尿比重:1.04
Ph:7
尿蛋白:1+
ストルバイト(-)
尿検査も前回とほぼ一緒
他の検査項目も問題なし

▼血液検査
BUN 30→28→25(基準値12~41)
Cre 1.6→1.8→1.9(基準値0.7~2.5)
P 6.7→4.7→4.8(基準値1.9~5.7)
前回(1/16)は外注検査で基準値も異なるので省略

この9ヶ月でCreがじわじわ上昇
このまま上昇が続くようなら要注意です

ただ赤血球数、ヘモグロビン、赤血球容積、血小板数がすべて基準値超えなので脱水の可能性も
もうシリンジで強制給水した方がいいかもしれない

-----------------------------
慢性腎臓病は腎臓全体が悪いのに対し、多発性嚢胞腎は腎臓そのものは正常なのに
嚢胞で圧迫され最終的に腎臓が機能できない状態になること
慢性腎臓病とは似ているようで異なるものだと先生から言われました

結局嚢胞の進行にかかっているんですよね
でも それに対する対応が今のところ何もないのが歯がゆいところです
できる限りストレスをかけないこと 見守って変化に気づいてあげること
これぐらいしかできないけどがんばろ!

本猫は定期健診以外病院しらず
元気いっぱいの絶好調です♪ 

突然キャリーに放り込まれて
IMG_5097.jpg

えらいめにあった~!

IMG_5095.jpg

確かに慌てて放り込んだ(=w=;)
ごめんね おつかれさま!

ごめんなさい 薬のこと聞き忘れました...

  1. 2017/04/14(金) 20:59|
  2. PKD(多発性嚢胞腎)
  3. | トラックバック:0

猫の遺伝子検査

エコー検査を受ければ、成猫だと約95%の確率で多発性嚢胞腎を診断できるそうですが
確定診断は遺伝子検査でしかできません

繁殖を考えないのなら、エコー検査で十分
遺伝子検査までする必要性はないと思っていたのですが

エコーで多発性嚢胞腎と診断されながらも
遺伝子検査では陰性だったり
逆にエコーで問題なしだったのに、実は多発性嚢胞腎だったり
やはり受けるにこしたことはないんですよね....

といっても、クーはPKD遺伝子検査は既に受けてます(^^;
その時は岩手大学付属動物病院にお願いしました

・個人で検査の申し込みができない
・血液検査なので採血が必要
・大学までの輸送時の取り扱いも気を使う
・費用は8000円前後
・動物病院での費用も別途かかる
 うちは全部で13000円程でした

正直 気軽にできる検査ではないな~と思っていました


チックンされていたかったよ
IMG_6136.jpg


他の方のブログで遺伝子検査ができる
別の検査機関があることを知りました

Orivet ねこ用検査

費用は4,900円
滅菌綿棒を使ってサンプルを採取して送付するだけ
多発性嚢胞腎以外の遺伝子検査も可能
全疾患検査でも9500円

私自身が検査や問い合わせをしていないので
はっきりしたことはいえませんが
費用もお安く、猫の負担も少なく、個人でも依頼できそう

もし遺伝子検査をお考えの方がいれば、ご検討されてみてください
(感想を教えてもらえたらうれしい)

多発性嚢胞腎(PKD)だけでなく、特に純血の子は遺伝子疾患をもっているリスクがあるので
一度検査しておいてもいいのかもしれませんね

テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2017/02/22(水) 00:07|
  2. PKD(多発性嚢胞腎)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

療法食か普通食か

多発性嚢胞腎とわかって 考えていた食事について

(1) すぐに療法食に切り替える
(2) 腎機能の低下兆候がみえてから療法食に切り替える

悩んだ末 我が家が選んだのは(2)

自分なりに調べ クーの体調変化など総合的に考えて決めましたが
あくまで素人考え・判断なので理由をここに書くのは控えますね

この辺は医学的根拠に基づいた明確な答えはないようで
先生によって治療方針もバラバラ なにが正解なのかわからない

だから どうするかは同じ病気でも人それぞれ
傍にいて愛猫を一番理解している飼い主さんが
主治医と相談の上で決めた選択がベストなんだと思ってます

----------------------

今のメインはアニモンダ フォムファインステン デラックス シニア

現在は正常といっても 腎臓が弱いのは事実なので
高タンパク・高リンのものは避けて
普通食の中でも比較的 腎臓に優しいもの(概ねシニア食)を


とっても重宝していたのに 最近イヤイヤ病発動(涙)


別のものをローテに加えようと普通食のフードリストから

happy cat ベストエイジ10+をチョイス
IMG_5514.jpg

ハッピーキャットの療法食は苦手だったけど これはどう?


→結果 撃沈 ずっと拒否
IMG_5265.jpg
半分づつにした別のフードはほぼ完食 これだけきれいに残してる
療法食以外のドライでここまで拒否されたの はじめて



しかたない
また フードジプシーの旅に出かけてきますか


「たっしゃでね~」
IMG_2897.jpg


うぅぅ 早くかえってきたい(;∇;)

テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2017/02/07(火) 07:30|
  2. PKD(多発性嚢胞腎)
  3. | トラックバック:0

血液・SDMA検査結果

先週の定期健診で外注に出していた血液検査の結果が出ましたよ

「おかえり。で どうだったの?」
IMG_4086.jpg
↑今回は尿持参で飼い主のみ病院にいったので余裕な態度


▼血液検査
ほぼ全ての数値が基準値内

BUN:21(基準値:15~33)
Cre:1.5(基準値0.8~2.1)

ずっと気になっていたのは 慢性腎臓病のステージ区分で
ステージ2(軽度の腎臓病) Cre:1.6~となっていること

先生にこの数値のことをお尋ねしたら
・検査機器によって基準値が違うので1.6だから一様にステージ2とはいえない
・できれば同じ検査機器で定期検査し 数値の変化をみて判断するのが望ましい
とのことでした

Creの結果は1.6→1.8→1.5ですが 
基準値内だし他の検査結果をみても現状は問題ないそうです

▼SDMA検査 
9(基準値 0~14)
こちらも基準値内

▼尿検査
尿比重:1.04
Ph:7
ストルバイト(-)

ストルバイトが消えたので一安心

前回0.02だったので 今回UPC検査は頼みませんでしたが
UPCは投薬時期の重要な判断材料なので
定期的に行いたい検査だそうです

▼血圧
先生から血圧管理はとても大事で 血圧測定するのが本当はいいのだけれど
というお話があったので、血圧計の購入について聞いていみました
希望するなら先生が代理購入してくださるそうですが
若干お安いですけど それでも相当なお値段でした~(TmT)

----------------
今年初の検査は少し心配の面もありますが まずまずの結果でした

シニア食に切り替えたことと 口腔ケアのサプリ以外まだこれといったことは何もしていません
何かしなくてはと焦る思いもありますが もう少し大らかな気持ちで 
でも注意深く体調を観察したいと思います
なんといっても 毎日元気に過ごしているので この調子でね!


「なが~い。3行でまとめてね...zzz」
IMG_3919.jpg

そうね...
今回の記事長くなり すみません(^▽^;)

テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2017/01/23(月) 07:30|
  2. PKD(多発性嚢胞腎)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ